Haruichiban0707のウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開した出戻りヘッポコウォーゲーマーのノート。

4_時期:第一次世界大戦

さっそくソロプレイしてみた K2P『Age of Dogfights : WWI』バトル・レポート(AAR)

K2P『Age of Dogfights : WWI』で早速ソロプレイしてみた。 選んだ機種はカードの1番と2番でイギリス軍はAirco DH.2。 ドイツ軍はFokker E.IV 拡張ボードから進入する。 拡張ボードのパトロールゾーンに配置する。 ヘクスになっているのはアクセスポイントだ…

K2P『Age of Dogfights : WWI』コンポーネント

ゲムマの後に送付されるとばかり思ってたら配送しなくなったと思ってたゲムマの日に届いてビックリした。 国際通信社の『Age of Dogfights WWI』の日本語版だ。 箱のサイズにビックリした。 比較のために隣に置いたのははほぼA4サイズのAH『戦闘指揮官』(Squ…

AH『リヒトホーフェン』(Richithofen's War)シナリオ1 フォッカーDr1対ソッピースキャメル バトル・レポート(AAR)

昔懐かしのAH『リヒトホーフェン』(Richithofen's war)をとり出してシナリオ1をプレイしてみた。 Boardgamegeekによると、1972年発売だから半世紀も前のゲームだ。 boardgamegeek.com ■第1ターン 赤い○がフォッカーDr1。青い○がソッピースキャメルだ。 ■第2…

【参考書籍】平間洋一『日英同盟 同盟の選択と国家の盛衰 (角川ソフィア文庫)』(2015/8/25)

先の戦争を語る時、満洲事変から語り始めることが多いが、本当は日英同盟廃棄が大きな転換点だったのではないか、と思ったことが、本書を読み始めたきっかけだった。 そう思ったのは、国際的な孤立=>短期的な視点で日独伊三国同盟を締結=>連合軍との戦争に突…