Haruichiban0707のウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開したウォーゲーマーのノート。

遠すぎない橋 バトル・レポート(AAR) S&T 77号『奇襲空挺部隊』(PARATROOP) 『レッド・デビルス』(Red Devils)

 ルールの見落としに気づいたので、Strategy & Tactics誌 第77号(1979年11月-12月号)の付録で後にSPIから箱入りで発売された『奇襲空挺部隊』の『レッド・デビルス』(Red Devils)を、あらためて、プレイしてみた。

 

第1ターン

降下地点選択も慎重に行った。サイの目操作が0の平地や-1の地点に戦闘力の高い部隊を降下させた。ちょうど50%の7ユニットが混乱状態になった。

f:id:Haruichiban0707:20211108194913j:plain

降下地点はサイの目操作の少ない平地に戦力の高いユニットを降下させた

降下成功した部隊はアルンヘム目指してとにかく全力で進撃。

f:id:Haruichiban0707:20211108195346j:plain

第1ターンに英軍はアルンヘム目指して進撃

第2ターン

英軍はアルンヘムに進撃し防衛態勢も整えた。

f:id:Haruichiban0707:20211108195827j:plain

英軍はアルンヘムに到着し防衛態勢も整えた

第2ターンドイツ軍プレイヤーターンにドイツ軍増援部隊がアルンヘム奪回のために進撃する。英軍はそれを迎え撃つ。

f:id:Haruichiban0707:20211108200001j:plain

増援のドイツ軍がアルンヘムに進撃する

第3ターン

英軍の第二波が降下!

f:id:Haruichiban0707:20211108200344j:plain

第3ターン英軍第二波降下

ドイツ軍の増援も到着しアルンヘム郊外で激戦が始まる。

f:id:Haruichiban0707:20211108200707j:plain

第3ターンアルンヘム郊外で激戦

第5ターン

史実では最後まで闘ったフロスト中佐の、第1空挺師団第1パラシュート旅団第2パラシュート大隊が全滅!

f:id:Haruichiban0707:20211108201519j:plain

第5ターン フロスト中佐戦死

第8ターン

フロスト中佐の戦死にもかかわらず、英軍はアルンヘム保持に粘りを見せる。

f:id:Haruichiban0707:20211108201847j:plain

第8ターン終了時の戦況

第9ターン

ポーランド軍降下!降下地点は荒地で全滅したり混乱状態になる可能性が高いが、川の南岸に降下!全部隊が混乱状態になったが全滅しなかったのでよしとしよう。

f:id:Haruichiban0707:20211108202210j:plain

ポーランド軍の降下地点は川の南岸

第10ターン

f:id:Haruichiban0707:20211108202812j:plain

ゲーム終了時の戦況

フロスト中佐は戦死したが、英軍はみごと、アルンヘムと橋を確保した。遅れたとはいえ英軍第30軍団も到着し、モントゴメリーは、「マーケットガーデン作戦は、100%成功した。」と言った。

コーネリアス・ライアンは『遠すぎない橋』(A Bridge not too far)という作品を書き、ベストセラーになり映画も大ヒットしたのだった。