Haruichiban0707のウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開したウォーゲーマーのノート。

ソ連軍完勝!! AH『戦闘指揮官』(Squad Leader)シナリオ1 バトル・レポート(AAR)


f:id:Haruichiban0707:20220710180748j:image

AH『戦闘指揮官』(Squad Leader)シリーズは、ルールがしっかり頭に入っているのでルール確認しなくても手軽にプレイできる。ルール確認しないで戦術に専念できる。

 

■初期配置

ドイツ軍はF5の建物とK5の建物でどう配置するか迷う。

F5の建物はF6に集結させた。

F5,G6,H5いずれも親衛赤軍部隊の餌食になるからだ。

K5の建物もJ4に集結させた。

集結しているので一度に損害を受けるリスクはあるが親衛赤軍がF5の建物に向けて移動するのを牽制するためである。ソ連軍がE5,F4,G5,H4の道路に出たらJ4から防御射撃するのだ。L列からK5の建物を狙うならL6の建物から防御射撃する。



■第1ターン(1942/10/06)

ソ連軍準備射撃期

M5,N5からL6へ射撃しドイツ軍一個分隊戦闘不能

J2からJ4へ射撃したが効果なし。

 

ソ連軍移動期

親衛赤軍は数にものを言わせて次のように移動した。

E4からD4へ。

E3からE4,E5,E6へ。

F3からF4,F5へ。

G4からG5,G6へ。

G4からH4,H5へ。

G3からH3へ。

ソ連軍狙撃兵師団の歩兵は次のように移動した。

M2からM4へ。

N2からN4へ。

f:id:Haruichiban0707:20220710182648j:image

◆ドイツ軍防御射撃期

J4からH4へ16火力。G5に4火力で貫通する。

H4は士気チェック3。

G5は士気チェック1。

どちらの分隊も生き延びて建物への侵入成功!

F6からF5を24火力で射撃する。F5は狂暴化した!!

F6からE6を8火力で射撃する。E6の分隊は戦闘不能になった。

I7からG6を16火力で射撃する。なんと6のゾロ目!!LMGが故障した!!

I7からH3を2火力で射撃するが効果なし。

L6からM5を8火力で射撃するが効果なし。

M7からN5を6火力で射撃するが効果なし。

M9からN5を10火力で射撃するが効果なし。

 

ソ連軍前進射撃期

H5からI7を3火力で射撃するが効果なし。

G6,F5からF6へ12火力で射撃し士気チェック2。ドイツ軍3個分隊が戦闘不能になった。恐れていたことが起こってしまった。

H3からJ4へ9火力で射撃するが効果なし。

D4から4火力で射撃するが効果なし。

E6のソ連分隊、F6のドイツ軍分隊が脱出できず除去された。

ソ連軍突撃期

F5,G6からF6へ突撃する。f:id:Haruichiban0707:20220710185401j:image

◆白兵戦期

F6の白兵戦

Kelso軍曹戦死!!

 

◆回復期

I7のLMG1挺除去

L7で1個分隊回復。

◆ドイツ軍準備射撃期

L6,M7からM5を12火力で射撃するが効果なし。

J4からH3を16火力で射撃し士気チェック1。指揮官Berkiが狂暴化した!!1個分隊も狂暴化した!

I7からF6を12火力で射撃し士気チェック1

◆ドイツ軍移動期

M9からL7へ

L7からL6へ

ソ連軍防御射撃期

H3からJ4へ18火力で射撃し士気チェック1で3個分隊戦闘不能!!

J2からI7へ6火力で射撃し士気チェック1で効果なし。

F6,G6からI7へ16火力で射撃し士気チェック1

2個分隊戦闘不能!!

M5,N5からL6を24火力で射撃し士気チェック1で1個分隊戦闘不能

◆ドイツ軍前進射撃期

L6からM5を、2火力で射撃したが効果なし。

◆ドイツ軍脱出期

ドイツ軍は指揮官のいるところに戦闘不能分隊を脱出させた。f:id:Haruichiban0707:20220710192001j:image

 

■第2ターン(1942/10/06)

◆回復期

ドイツ軍分隊はいずれも回復しなかった。

ソ連軍準備射撃期

G6からI7を6火力で射撃するが効果なし。

M5,N5からL6を、24火力で射撃し士気チェック4!!指揮官Hamblenと1個分隊戦闘不能。1個分隊は健在だ。

G4からJ5を3火力で射撃。効果はないが回復が遅れるDMマーカーを載せる。f:id:Haruichiban0707:20220710193004j:image

ソ連軍移動期

J2からJ4へ

狂暴化した指揮官と分隊がH3 からI5へ。

H3からH5へ。

狂暴化した分隊がF6からH7へ。

F6からG6へ

D5からF6へ

D5からD6,E7,F7,G8を通ってH7へ

F3からH5へ

M4からL4,L5へ

M4からN4,O5,N6へ

◆ドイツ軍防御射撃期

I7からG7へ6火力で射撃し士気チェック1。ソ連軍損害なし。

L6からL5へ20火力で射撃しKIA

M7からN6へ12火力で射撃し士気チェック3でソ連分隊戦闘不能

ソ連軍前進射撃期

F6,G6,H5がI7を16火力で射撃したがDMマーカーを載せる以外の効果なし。

H7からI7を12火力で射撃するが効果なし。

I5,J4からJ5を10火力で射撃するが効果なし。

◆脱出期f:id:Haruichiban0707:20220710194649j:image

ソ連軍N6からN4へ

ドイツ軍L6からL7へ

ドイツ軍I7の2個分隊は脱出路がないため除去された。

ドイツ軍J5の3個分隊も脱出路がないため除去された。

ソ連軍突撃期

H7からI7、I5からJ5へ突撃。

◆白兵戦期

○I7

ソ連軍 12対4=3対1

ドイツ軍 狂暴兵1個分隊を狙い6対6(狂暴兵)=1対1

ソ連軍のサイコロの目は8以下で除去できるところを7

ドイツ軍のサイコロの目は7以下で狂暴兵を除去できるところを8!!ソ連軍I7占領。

○J5

ソ連軍 6対1

ドイツ軍 1対5+

ソ連軍のサイコロの目は11。指揮官修整で9。Pollack指揮官戦死

ドイツ軍のサイコロの目は3!!惜しい!!f:id:Haruichiban0707:20220710195944j:image

ドイツ軍は指揮官5人中3人戦死。残り2人。13個分隊中9個分隊が壊滅。残り4個分隊

ソ連軍は指揮官3人健在。

狙撃兵師団の分隊(4-4-7)は9個分隊中1個分隊壊滅。残り8個分隊

親衛赤軍分隊(6-2-8)は12個分隊中1個分隊壊滅。残り11個分隊。うち2個分隊が狂暴化。

 

◆回復期

ソ連軍N4で回復

ドイツ軍L7で指揮官と1個分隊回復。

◆ドイツ軍準備射撃期

L6からK5 を10火力で射撃。効果なし。

M7からM5を、6火力で射撃。効果なし。

◆ドイツ軍移動期

L7からM7へ

ソ連軍防御射撃期

K5,J5から14火力で射撃。士気チェック1。効果なし。

I7からL7へ8火力で射撃。効果なしだがDMマーカーを載せる。

H5からL6へ9火力で射撃。士気チェックM。効果なし。

M5,N5からM7へ24火力で射撃。効果なし。

◆ドイツ軍前進射撃期

M7からM5へ2火力で射撃。効果なし。f:id:Haruichiban0707:20220710201302j:image

 

■第3ターン(1942/10/06)

◆回復期

L7のドイツ軍分隊回復しなかった。

ソ連軍準備射撃期

M5,N5からM7を、24火力で射撃。士気チェック2。ドイツ軍分隊戦闘不能

K5からL6へ8火力で射撃。士気チェック1。2個分隊戦闘不能

ドイツ軍には健在な分隊が皆無になった。

ソ連軍移動期

M7の建物を東西から挟み撃ちにする。


f:id:Haruichiban0707:20220710202000j:image

◆ドイツ軍防御射撃期

L6からK6へ6火力で射撃。士気チェック1。1個分隊戦闘不能

ソ連軍前進射撃期

M8からL7へ4火力で射撃するが効果なし。

K7,K8からL7へ22火力で射撃。効果なし。

K5からL6へ6火力で射撃。効果なし。

◆脱出期

ドイツ軍4個分隊が脱出路がなく全滅。

ソ連軍突撃期

K7からL6へ

K8からL7へ

M8からM9へ

これでソ連軍はドイツ軍の全建物を占領しそうだ。


f:id:Haruichiban0707:20220710202751j:image

◆白兵戦期

○L6 

ソ連軍6対1。指揮官の修整があるので12以下、つまり100%の確率でドイツ軍指揮官は戦死する。サイコロの目は7。

ドイツ軍1対5+。3以下でソ連軍と相撃ちになるが、サイコロの目は4!!

○L7

ソ連軍16対1。11以下でドイツ軍指揮官戦死。サイコロの目は6!ドイツ軍指揮官戦死。ドイツ軍全滅。

ドイツ軍1対5+。3以下でソ連軍と相撃ちになる。サイコロの目は6


f:id:Haruichiban0707:20220710203338j:image

■結果

ドイツ軍は指揮官5人中5人戦死。

13個分隊中13個分隊が壊滅。

ソ連軍は指揮官3人健在。うち一人狂暴化

狙撃兵師団の分隊(4-4-7)は9個分隊中1個分隊壊滅。残り8個分隊

親衛赤軍分隊(6-2-8)は12個分隊中1個分隊壊滅。残り11個分隊。うち2個分隊が狂暴化。

 

■感想

このシナリオ1は随分やったが、ドイツ軍のサイコロ運が悪過ぎたとはいえ、ここまであっさりと一方的な結果になったことはなかった。

ドイツ軍はF6やJ4に分隊を集中させず、分散させた方がよかった。

ドイツ軍の火力は小さくなるが、ソ連軍の攻撃も分散させる効果があったはずだ。

このシナリオは、毎回、戦い方についていろいろ考えさせられるので、何度でもプレイしたくなる。