Haruichiban0707のウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開したウォーゲーマーのノート。

AH『戦闘指揮官』(Squad Leader)シナリオ5バトル・レポート(AAR) その2


f:id:Haruichiban0707:20220724122006j:image

前回までの状況はこちらを参照

haruichiban0707.hatenablog.com 

 


f:id:Haruichiban0707:20220724121702j:image

ドイツ軍はIV号戦車4輌、ソ連軍はT34戦車6輌を失った。

ドイツ軍の残りはIV号戦車1輌、III号突撃砲2輌、ハーフトラック6輌だ。

ソ連軍の残りはSU152が2輌、SU122が3輌、ハーフトラック2輌だ。

ドイツ軍は指揮官1人、6個分隊を失った。

ソ連軍は指揮官1人、20個分隊を失った。

残りの分隊ソ連軍36個、ドイツ軍は10個分隊ソ連軍は14個分隊戦闘不能なので残りは22個分隊

ドイツ軍は1対4の割合でソ連軍を倒さないといけない。

 

■第6ターン

盤外砲撃により、4K4でソ連軍1個分隊戦闘不能

盤外砲撃により、4L4でソ連軍1個分隊全滅。

4J3でソ連軍1個分隊全滅

(ソ連軍感想)盤外砲撃は強烈だ・・・

ドイツ軍III号突撃砲の主砲故障!!

(ドイツ軍感想)ここにきてこれは痛い!!

同軸機銃により、4W2,4V1でソ連軍2個分隊全滅。4U1でソ連軍1個分隊戦闘不能

4Q6でドイツ軍対戦車砲によりSU122が破壊され、乗車していたソ連軍歩兵1個分隊全滅

4Q8のSU152にドイツ軍対戦車砲の75mm砲弾が命中したが弾き返した。


f:id:Haruichiban0707:20220724130103j:image

ドイツ軍の無線が切れた。

4L2でソ連軍ハーフトラックがドイツ軍のパンツァーファウストにより破壊された。

4M4でソ連軍1個分隊全滅

4K4でソ連軍1個分隊戦闘不能

ドイツ軍75mm対戦車砲が故障した!!

(ドイツ軍感想)ここにきてこの故障は痛い!!

4R2でソ連軍SU122をドイツ軍IV号戦車が射撃したが砲弾は無情にも跳ね返った。

(ソ連軍感想)ふふふ。IV号戦車ごときにやられるSU122ではないわ。

4R2でドイツ軍がパンツァーファウスト3発使い、ソ連軍SU122を破壊した。

(ドイツ軍感想)やったぁ~~!パンツァーファウスト凄い!!

(ソ連軍感想)まじかぁ~~~。

4W2でソ連軍1個分隊戦闘不能

4Y2でソ連軍1個分隊全滅

4M2でドイツ軍1個分隊戦闘不能

4Q2でソ連軍戦車兵がドイツ軍IV号戦車を白兵戦で破壊!!

(ドイツ軍感想)ここでピンゾロかぁ~~~!!

(ソ連軍感想)やったぁ~~!!ピンゾロ!!f:id:Haruichiban0707:20220724132516j:image

ドイツ軍はIV号戦車5輌、ソ連軍はT34戦車6輌、SU122 2輌を失った。

ドイツ軍の残りはIII号突撃砲2輌(うち1輌は主砲故障)、ハーフトラック6輌だ。

ソ連軍の残りはSU152が2輌、SU122が1輌、ハーフトラック1輌だ。

ドイツ軍は指揮官1人、6個分隊を失った。

ソ連軍は指揮官1人、27個分隊を失った。

残りの分隊ソ連軍29個、ドイツ軍は10個分隊

ドイツ軍は1対3の割合でソ連軍を倒さないといけない。

 

■第7ターン

4W1でソ連軍1個分隊戦闘不能

4U1でソ連軍1個分隊全滅

2J6でソ連軍1個分隊戦闘不能

4M2でソ連軍SU152の砲撃によりドイツ軍1個分隊戦闘不能

4P1でドイツ軍1個操作員全滅、1個分隊戦闘不能

4X2でドイツ軍III号突撃砲ソ連軍SU122の後部からの砲撃で破壊!


f:id:Haruichiban0707:20220724134502j:image

2M5でドイツ軍1個分隊戦闘不能

4Y2でソ連軍SU122はパンツァーファウスト2発が命中したが弾き返した。

2J6でドイツ軍III号突撃砲の同軸機銃によりソ連軍2個分隊全滅

4J4でソ連軍2個分隊戦闘不能

2N10でドイツ軍2個分隊全滅

4X1で包囲されたドイツ軍指揮官Hamblen、1個分隊戦闘不能


f:id:Haruichiban0707:20220724140141j:image

4O1でドイツ軍1個分隊脱出不能のため全滅

4X1でドイツ軍指揮官Hamblen、1個分隊、脱出不能のため全滅


f:id:Haruichiban0707:20220724140601j:image

 

ドイツ軍はIV号戦車5輌、III号突撃砲1輌、ハーフトラック1輌、ソ連軍はT34戦車6輌、SU122 2輌を失った。

ドイツ軍の残りはIII号突撃砲1輌、ハーフトラック5輌だ。

ソ連軍の残りはSU152が2輌、SU122が1輌、ハーフトラック1輌だ。

ドイツ軍は指揮官2人、11個分隊を失った。

ソ連軍は指揮官1人、30個分隊を失った。

残りの分隊ソ連軍26個、ドイツ軍は5個分隊

ドイツ軍は1対5の割合でソ連軍を倒さないといけない。

このターンにドイツ軍は、兵とともに4P1、4X1の拠点を失ったのが大きい。

 

■第8ターン

4J4でソ連軍1個分隊回復に失敗し全員逃走した。

4Q10でドイツ軍ハーフトラック破壊


f:id:Haruichiban0707:20220724141942j:image

2K5でドイツ軍III号突撃砲ソ連軍SU152の砲撃で破壊された!

2P8でソ連軍SU152にドイツ軍50mm対戦車砲が命中するが軽く弾き返された!!

ソ連軍SU122がドイツ軍の背後に回り込んだ。

2N9でソ連軍1個分隊戦闘不能


f:id:Haruichiban0707:20220724143410j:image

ドイツ軍はIV号戦車5輌、III号突撃砲1輌、ハーフトラック1輌、ソ連軍はT34戦車6輌、SU122 2輌、ハーフトラック1輌を失った。

ドイツ軍の残りはIII号突撃砲1輌、ハーフトラック5輌だ。

ソ連軍の残りはSU152が2輌、SU122が1輌だ。

ドイツ軍は指揮官2人、11個分隊を失った。

ソ連軍は指揮官1人、31個分隊を失った。

残りの分隊ソ連軍25個(12個分隊が戦闘不能)、ドイツ軍は5個分隊。実質、13個分隊対5個分隊の戦いになる。

ドイツ軍は1対3の割合でソ連軍を倒さないといけない。

ソ連軍は地図盤2に侵入し始めたが、あと2ターンで621高地を占領しきれるだろうか?

 

■第9ターン

ソ連軍16個分隊に対してドイツ軍5個分隊の戦いだ。しかしドイツ軍は操作員分隊が多いので22戦力しかない。対してソ連軍は80戦力だ。

2P8でソ連軍2個分隊全滅!!

2N9でソ連軍ハーフトラック破壊

2Q1でドイツ軍III号突撃砲は、SU122から命中弾を与えられたが、弾き返した!

2Q6でドイツ軍1個分隊戦闘不能

2P5でドイツ軍1個分隊戦闘不能


f:id:Haruichiban0707:20220724145418j:image

2Q1でドイツ軍III号突撃砲破壊!!

2M5でドイツ軍指揮官Greup戦闘不能

2R4の白兵戦でドイツ軍ハーフトラック破壊

2R5の白兵戦でドイツ軍ハーフトラック破壊


f:id:Haruichiban0707:20220724150746j:image

ドイツ軍はIV号戦車5輌、III号突撃砲2輌、ハーフトラック3輌、ソ連軍はT34戦車6輌、SU122 2輌、ハーフトラック1輌を失った。

ドイツ軍の残りはハーフトラック2輌だ。

ソ連軍の残りはSU152が2輌、SU122が1輌だ。

ドイツ軍は指揮官2人、11個分隊を失った。

ソ連軍は指揮官1人、33個分隊を失った。

残りの分隊ソ連軍24個(8個分隊が戦闘不能)、ドイツ軍は5個分隊(2個分隊戦闘不能)。実質、16個分隊対3個分隊の戦いになる。

ドイツ軍は1対5の割合でソ連軍を倒さないといけない。

 

■第10ターン(最終ターン)

2N6でドイツ軍50mm対戦車砲の砲撃で、ソ連軍1個分隊全滅

2M5でドイツ軍2個分隊全滅。指揮官Greup戦闘不能

2O5でドイツ軍50mm対戦車砲破壊。1個分隊戦闘不能


f:id:Haruichiban0707:20220724152258j:image

ドイツ軍の残りはハーフトラック2輌、指揮官1人、3個分隊(2個分隊戦闘不能)。

ソ連軍の残りはSU152が2輌、SU122が1輌だ。指揮官3人、ソ連軍24個(8個分隊が戦闘不能)

 

2M5の白兵戦でドイツ軍ハーフトラック破壊

 

2P5のハーフトラックへの白兵戦攻撃は全て失敗に終わった。

ソ連軍は621高地7ヘクス中4ヘクスしか占領できなかったのでドイツ軍の勝利!!


f:id:Haruichiban0707:20220724153533j:image

 

621高地の状況
f:id:Haruichiban0707:20220724153621j:image

 

ドイツ軍残存歩兵(左)と損害(右)

ソ連軍の残存歩兵(左)と損害(右)

破壊された車輌群

ドイツ軍の残存車輌(左)と損害(右)

ソ連軍の残存車輌(左)と損害(右)

■感想

ゲームの勝利条件としては、ドイツ軍の勝利だった。

しかし、AFVも分隊もほぼ全滅し、621高地もほぼ占領されたのだから、実戦としては、ソ連軍の勝利といえるだろう。

戦車戦は、互いに隣接ヘクスで砲撃し合う、かなり血みどろの戦いになった。

ドイツ軍は、まともに接近戦をしかけてしまったが、高地からの遠距離射撃をするか石塀や生垣背後から遠距離射撃をした方がよかったかもしれない。

このシナリオは独ソ戦の激しい戦車戦、優秀なドイツ軍と数の上で優勢なソ連軍の激しい歩兵戦が描かれたいいシナリオだと思う。