Haruichibanのウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開した出戻りヘッポコウォーゲーマーのノート。

惨敗!?いや惜敗 VASSAL対人戦! WGHB2011『日露大戦』バトル・レポート(AAR) 

 

WGHB2011『日露大戦』をA氏とVASSALで対戦した。

国際通信社から『ウォーゲームハンドブック2011』のゲームとして『日露大戦』というゲームが出版され、2023年にはBONSAIゲームからフォリオ判が発売された作品だ。

 

commandmagazine.jp

ボンサイゲーム版はこちら

bonsai-games.net

VASSALモジュールはこちら

commandmagazine.jp

 

デザイナーは中黒靖氏だ。

ゲームスケールは1ターン=1ヶ月、1ヘクスの記載なし、1ユニット=師団だ。

 

勝利条件は士気ポイントが0になった側はサドンデス負けだ。12ターンまでサドンデスにならなかった場合、ロシア軍の勝利だ。

また、日本軍は鉄嶺2417を、ロシア軍は1015を占領するとサドンデス勝利だ。

 

前回の対戦で、日本軍が大連1203に強襲上陸したら、ロシア軍は旅順を守れない、ということに気づいた。

南山1204に守備隊がいて、スタックできないロシア軍は、南山1204を越えて援軍を大連1203に送れないからだ。

しかし、大連1203に強襲上陸した日本軍も、ZOCからZOCへの直接移動を禁止しているルールから1302や1301に移動できないので、旅順を攻撃できるのはわずか2個師団4戦力。守るロシア軍は2戦力に荒地と町の地形効果で+2戦力なので、戦力差は0となり、33%の確率でロシア軍が退却不能で壊滅、33%の確率で日本軍が退却不能で壊滅、17%の確率で日本軍が壊滅なので、「児玉源太郎」カードが手持ちにないと、旅順を正攻法で攻略するのは難しい。

ということでA氏と私のハウスルールとして、南山1204にロシア軍がいる場合、大連1203への輸送は不可、とした。

 

今回は、立場を逆にして、日本軍を私、A氏がロシア軍を担当した。

さてどうなるか?

 

【0】初期配置

初期配置は決まっている。

マップ上にロシア軍はわずか4ユニットだ。しかも2ユニットは移動力0のため移動できない守備隊だ。日本軍は0ユニットだ。朝鮮半島ボックスにわずか3ユニットあるだけだ。

 

【1】第1ターン(1904年4月)

通常ターンはロシア軍先攻だが、第1ターンのみロシア軍ターンがなく日本軍ターンのみになる。

朝鮮半島ボックスから日本軍3ユニットが1214のロシア軍を攻撃する。

ここでロシア軍を壊滅できるかどうかは大きな違いだ。

前回は、カード1枚を捨てて戦力を+1して攻撃し、DEの結果だった。

私は士気が下がるのをケチって戦闘力差+3で攻撃し、結果はEX相互損害だった。

 

1206に2個師団、輸送した。

 

勝利確認フェイズのダイスが悪く日本軍の士気が1下がり5になった。

 



【2】第2ターン(1904年5月)

ロシア軍は鉄道輸送と強行軍で1304に前進し日本軍の南山104への前進を食い止める。また遼陽1913で防御する。

「マカロフ中将」カードを出してきた。次の日本軍プレイヤーターンの日本軍は日本本土ボックスからの移動禁止で、カード補充もできない。

日本軍は遮二無二、摩天嶺1713を目指して前進する。1206に上陸した2個師団は移動も戦闘もできない。

 

 

【3】第3ターン(1904年6月)

ロシア軍2ユニット戦力6+守備隊2ユニット3戦力 日本軍4ユニット8戦力だ。
 

ロシア軍は摩天嶺1713に部隊を前進させた。また1406に鉄道輸送で前進する。

さらに「ウラジオ艦隊出撃」カードを出して日本軍が引けるカードの枚数を制限する。

日本軍は摩天嶺1713に前進しロシア軍を後退させる。

1206の日本軍は移動せず戦闘もできない。今、見ると、地図盤右に向けて移動させて、大狐山1211から海城1811を目指すべきだった。日本軍の方が移動力が大きいのでロシア軍は追いつけないのだから。

 

 

【4】第4ターン(1904年7月)

ロシア軍が1206の日本軍と摩天嶺1713の日本軍の両方を包囲してしまい、日本軍は移動できなくなった!!

日本軍は戦力が小さいからスタックしなければいけない、と思い込んでいた私の失策だ。


日本軍は将軍ユニットを使い、攻撃したが、結果はNE効果なしで包囲が解けない。

 

【5】第5ターン(1904年8月)

ロシア軍は大狐山1210に向けて前進する。

摩天嶺1713は包囲する。

さらに「旅順艦隊出撃」カードを出して日本軍が引けるカードを減らす。

 

日本軍は将軍ユニットを使って戦いを挑むがまたもNE効果なしだ。

 

【6】第6ターン(1904年9月)

大狐山1211の日本軍はまた行動不能にされるのを恐れて1312へ移動した。

摩天嶺1713での戦いではEX相互損害で、日本軍近衛師団がロシア軍第8師団と心中して壊滅した。

これで包囲を解いた日本軍は遼陽1913に前進し占領した。ロシア軍の士気が1下がり4になった。

勝利確認フェイズのダイスが悪く日本軍の士気も1下がり4になった。

この時点で、私は、快速を活かして無限の満洲の荒野を前進して、奉天2115、鉄嶺2417に単独前進してサドンデス勝利を狙っていた。

 

 

【7】第7ターン(1904年10月)

ロシア軍は士気を1下げて3にして、カードを4枚取った。

移動フェイズの移動と、カード・プレイ・フェイズの強行軍で遼陽1913を包囲した。カード・プレイ・フェイズにはヨーロッパ・ロシア・ボックスからシベリア・ボックスへ1個師団移動し、強行軍で鉄道輸送で2014に部隊を移動させた。

日本軍はまたも挟んでポンで包囲され身動き取れなくなってしまった。

1ターンに2回移動できるので、こういう手が打てるのだ。

日本軍は大狐山1211に1個師団上陸させ、1312にいた部隊は海城1811を目指して前進する。

   

【8】第8ターン(1904年11月)

遼陽1913で日本軍第12師団が壊滅した。

ロシア軍が遼陽1913を奪還した。

ロシア軍に比べて戦力が小さい日本軍は、スタックしていないと弱い。

日本軍の士気が3に落ちてしまった。

 

日本軍は海城1311を占領した。

日本軍の勝利はかなり難しい状況だ。

1206、1211で4個師団が抑えられているし、海城1811にいるのもわずか1個師団なので、鉄嶺2417を狙ってのサドンデスも難しい。

日本軍の私は手詰まりでどうしたものか、と困っていた。

 

【9】第9ターン(1904年12月)

当然ながらロシア軍は海城1811の日本軍に向けて進撃してきた。
日本軍第4師団とシベリア第4師団が心中した。

日本軍は大狐山1206に上陸し、旅順1202を狙う。
大連1203と旅順1202を攻略するとそれだけでロシア軍の士気が2下がり、ロシア軍ユニット除去によるダイスの目次第ではロシア軍士気を0にできる可能性がある。日本軍としてはそこに賭けるしかない。

 

【10】第10ターン(1905年1月)

1905年の正月が来た。

ロシア軍は摩天嶺1713を攻略し海城1811を奪還し、遼東半島から朝鮮半島を目指して前進を開始した。

さらに「マカロフ中将」カードを出して日本本土ボックスからの移動を止めた上にロシア軍の士気を上げて4にした。これが私の士気を大きく下げた!!旅順1202を攻略してもロシア軍の士気が0になりそうになくなったからだ。

 
 
日本軍は旅順攻略を目指して1304のロシア軍を攻撃し退却させた。

日本軍は南山1204を攻撃し南山守備隊を全滅させた。

勝利確認フェイズのダイスの出目がよく、ロシア軍の士気は下がらなかった。

 

【11】第11ターン(1905年2月)

ロシア軍に大きな動きがない。

日本軍は、性懲りもなく、山岳地帯を越えて奉天2115や鉄嶺2417攻略を目指す。
1303のロシア軍を攻撃し大連1203攻略を目指す。

1303の戦闘結果はDE防御側壊滅だ。そこでロシア軍は「防御工事」カードを出して、DEをEX相互損害にする。
日本軍は「敵中横断三百里」カードを出してロシア軍の次ターンでのシベリア・ボックスからの移動を封じ込める。
 
 

 

【12】第12ターン(1905年3月)(最終ターン)

ロシア軍は1816に移動して日本軍の鉄嶺2417進撃を封鎖した。ロシア軍はたったの4ユニットで日本軍が遼東半島の山岳地帯を突破するのを防いでいる。

日本軍は無人の大連1203を占領し旅順を攻撃する。切り札の「児玉源太郎」カードを出して旅順を占領した。

ロシア軍の士気が1まで下がった。

壊滅ユニット保管ボックスにある1部隊についてダイスを振り出目が1ならば、士気が下がり0になるので、日本軍の勝利だ。
ダイスの出目は3で士気値は維持された!!

 

【13】勝利条件の確認

ロシア軍の士気が0にならなかったのでA氏率いるロシア軍の勝利~~~~!!

【14】感想

惨敗かと思ったが、悔しい僅差の敗戦だった!!

あとちょっとで逃げ切って日本軍の勝利だっただけに悔しい。

 

ゲーム的には惜敗だが、現実を見ると、旅順を攻略したものの、日本軍は遼東半島を抑えられていて、惨敗に近い。

 

旅順攻略のポイントはやはり「児玉源太郎」カードだと、この時は思った。

 

日本軍は緒戦のうちに旅順を攻略して全軍で遼陽1913や奉天2115を目指して前進すべきだろう。

そのために、ハウスルールでは禁じたが、大連1203に日本軍が強襲上陸できていいのかもしれない。

1ユニットあたりの戦力が小さいので、あちこちに部隊を派遣すると各個撃破されて苦しくなる。

 

カード内容もしっかり頭に入れておかないといけない。

このゲームは少ないユニット数で、小さいマップのため、VASSALでプレイするにはいいゲームだ。

 

これで2連敗・・・

次回こそこのゲームでA氏に雪辱を果たしたい。