Haruichibanのウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開した出戻りヘッポコウォーゲーマーのノート。

シンプルでエキサイティングな海戦ウォーゲームの古典 AH『太平洋の覇者』(Victory in the Pacific) バトル・レポート(AAR)


f:id:Haruichiban0707:20240521222152j:image

私がウォーゲームに触れた中学生の頃、一番、プレイしたのが、このゲームだ。

 

さて、今回どうなるか?

 

なお、今回は、下記記事の[2024/05/30更新]前のルールでプレイしたことをお断りしておく。

 

haruichiban0707.hatenablog.com

 

目次

  1. ■第1ターン(1941/12)
  2. ■第2ターン(1942/05)
  3. ■第3ターン(1942/09)
  4. ■勝利条件の確認
  5. ■感想

 

■第1ターン(1941/12)

日本軍は史実通り6隻の空母と「比叡」「霧島」の高速戦艦2隻と「利根」「筑摩」が真珠湾奇襲をする。

 

インドネシア海域には空母「龍驤」と「長門」「陸奥」「金剛」「榛名」と重巡8隻が向かって南方資源地帯の攻略を目指す。

 

横須賀陸戦隊はマリアナ諸島からフィリピンを目指す。

 

連合軍の移動可能な5隻の重巡インドネシア海域に進撃した。
f:id:Haruichiban0707:20240521224925j:image

真珠湾奇襲

真珠湾奇襲だ。第一波の攻撃だ。

ウェストバージニア」「アリゾナ」「ペンシルバニア」大破

「メリーランド」着底

テネシー」「カリフォルニア」は中破だ。

 

第二波の攻撃だ。

「メリーランド」「ネバダ」沈没!!

ウェストバージニア」「テネシー」「カリフォルニア」着底

アリゾナ」「オクラホマ」「ペンシルバニア」大破

 

日本軍は残って戦うことにした。

 

エンタープライズ」のW部隊と「サラトガ」のY部隊はハワイ諸島に現れた。

レキシントン」のX部隊は第2ターンに登場する。「ホーネット」「ヨークタウン」のZ部隊は中部太平洋に登場した。

 

ハワイ沖海戦

空母「サラトガ」「エンタープライズ」、重巡ソルトレークシティー」「ノーザンプトン」が沈没した。

日本軍も「赤城」「加賀」を失った。

 

空母が全滅した米軍は残った重巡が撤退した。

 

日本軍は真珠湾に三度目の攻撃を仕掛けた。

ウェストバージニア」「カリフォルニア」「テネシー」「アリゾナ」が沈没した。

 

日本軍の損害

空母2沈没 「赤城」「加賀」

米軍の損害

空母2沈没 「サラトガ」[エンタープライズ

戦艦6沈没 「メリーランド」「ネバダ」「ウェストバージニア」「カリフォルニア」「テネシー」「アリゾナ

戦艦2大破 「カリフォルニア」「ペンシルバニア

重巡2沈没 「ソルトレークシティー」「ノーザンプトン

 

インドネシア海域

「プリンスオブウェールズ」に「瑞鳳」隊と陸攻隊が襲いかかり大破しシンガポールに戻った。

「レパルス」沈没

米軍第5空軍壊滅

 

米軍第5空軍がこの海域にたった1隻いた「瑞鳳」を戦闘不能に追い込んだ。

 

連合軍はオーストラリアに退却した。

 

連合軍の損害

戦艦1沈没「レパルス」

航空隊壊滅

 

フィリピン攻略戦

フィリピンに日本軍横須賀陸戦隊が上陸した。

今回、[22.0]基地での戦闘ルールを採用したが、日本軍の出目が悪いのに対して、米軍の出目がよく、日本軍はなんと損害2を被り、なんとかフィリピンを攻略した。

 

日本軍は、インドネシア海域と南太平洋海域を制圧した。

 

日本軍5POC

 

 

■第2ターン(1942/05)

日本軍はトラックからハワイ沖、インド洋、アメリ委任統治領に進撃する。

アメリカ軍はまだ両軍とも制圧していない北太平洋重巡1隻を派遣する。

マーシャル諸島に反撃で重巡5隻、南太平洋に重巡7隻を送り込む。

英軍は空母2隻、戦艦4隻、重巡2隻をインドネシアに送り込んだ。「プリンスオブウェールズ」は修理する。

 


f:id:Haruichiban0707:20240521234244j:image

インド洋

龍驤」が戦闘不能サイゴンに帰投した。

航空隊も損害2を受けて壊滅した。

日本軍の横須賀陸戦隊がポートモレスビーに上陸したが反撃に遭い壊滅した。

 

インドネシア

「フォーミダブル」「インドミタブル」「レゾリューション」沈没

「鳳翔」沈没

日本軍の第23、第24航空隊が壊滅した。

退却を決めた英軍を日本軍が追撃する。

陸奥」が小破したので、「ラミリーズ」はセイロンに逃げ切った。

「ドーセットシャー」「コーンウェル」沈没

 

日本軍の損害

空母1沈没「鳳翔」

戦艦1小破「陸奥

英軍の損害

空母2沈没「フォーミダブル」「インドミタブル」

戦艦1沈没「レゾリューション」

重巡2沈没「ドーセットシャー」「コーンウェル」

 

南太平洋

空襲で「ペンサコラ」「ヒューストン」沈没

水上戦で「比叡」が沈んだ!!日本軍戦艦最初の損失だ。

連合軍は全て戦闘不能で撤退した。

2ターン日本軍が隣接する海域を制圧したのでラエが陥落した。

 

日本軍の損害

戦艦1沈没「比叡」

米軍の損害

重巡2沈没「ヒューストン」「ペンサコラ」

 

マーシャル諸島

インディアナポリス」「チェスター」が日本軍の空襲に遭い沈没した。

 

ハワイ諸島

空母戦で「ヨークタウン」大破

「ホーネット」「レキシントン」沈没

「蒼龍」沈没

潜水艦の攻撃で「ニューメキシコ」が中破した。

 

水上戦で「高雄」沈没「霧島」小破

 

撤退する米軍を追い、真珠湾を攻撃する。

「ヨークタウン」が沈没

ニューメキシコ」大破

「アイダホ」着底

 

水上戦で「オクラホマ」沈没

 

日本軍の損害

空母1沈没「蒼龍」

戦艦1中破「霧島」

重巡1沈没「高雄」

 

米軍の損害

空母2沈没「ホーネット」「レキシントン」「ヨークタウン」

戦艦1沈没「オクラホマ

戦艦1着底「アイダホ」

戦艦1大破「ニューメキシコ

 

日本軍がインド洋、インドネシア、日本列島、マリアナ諸島、南太平洋、アメリ委任統治領、マーシャル諸島ハワイ諸島を制圧した。(17POC)

連合軍がベンガル湾、珊瑚海、中部太平洋北太平洋(4POC)

 

■第3ターン(1942/09)

米軍は可動空母がなくなってしまった。

日本軍はハワイ諸島アメリ委任統治領と中部太平洋ベンガル湾に進撃する。

連合軍はハワイ諸島アメリ委任統治領とベンガル湾にて日本軍を待ち受ける。

 

インド洋は連合軍基地機が海域を制圧した。

 

中部太平洋

「大和」「祥鳳」に守られた呉陸戦隊がミッドウェー島に上陸して同島を占領した。

 

南太平洋

佐世保陸戦隊がガダルカナル島に上陸したが、なんと米軍に撃退された。

 

アメリ委任統治

水上戦で「デ・ロイテル」沈没

「古鷹」大破

日本軍が撤退し、その時に「古鷹」沈没

 

日本軍の損害

重巡1沈没「古鷹」

連合軍の損害

重巡1沈没「デ・ロイテル」

 

連合軍はアメリ委任統治領を何とか制圧した。

 

ベンガル湾

空母戦で「イラストリアス」「ハーミズ」沈没

「隼鷹」沈没

「バリアント」沈没

龍驤」沈没

RAAF壊滅

 

英軍の戦艦5対日本軍の戦艦1、重巡8、軽巡2の水上戦だ。

「リベンジ」「ロイヤル・ソヴリン」「ラミリーズ」「ウォースパイト」「プリンスオブウェールズ」沈没

英軍艦隊が全滅した。

「羽黒」中破

妙高」沈没

「足柄」大破

長門」沈没

 

日本軍の損害

 空母2沈没「龍驤」「隼鷹」

 戦艦1沈没「長門

 重巡1沈没「妙高

 重巡1大破「足柄」

 重巡1中破「羽黒」

英軍の損害

 空母2沈没「イラストリアス」「ハーミズ」

 戦艦6沈没「バリアント」「リベンジ」「ロイヤル・ソヴリン」「ラミリーズ」「ウォースパイト」「プリンスオブウェールズ

 

ハワイ諸島

日本軍は空母3、戦艦2、重巡5だ。

米軍は基地機2個、戦艦3、重巡6だ。

空襲で「ノースカロライナ」が大破した。

アメリカ軍の第5、第10空軍壊滅

これでアメリカ軍は空襲できなくなった。

 

空襲で「ミネアポリス」沈没

コロラド」「ミシシッピ」小破

米軍の戦艦も戦闘不能でこの海域からいなくなってしまった。

米軍は撤退を決めた。

ペンシルバニア」も沈没した。

「アストリア」「シカゴ」沈没

 

日本軍の損害

 なし

米軍の損害

 戦艦1沈没「ペンシルバニア

 戦艦3小破「ノースカロライナ」「コロラド」「ミシシッピ

 重巡2沈没「ミネアポリス」「シカゴ」

 

ジョンストン島真珠湾が陥落

 

真珠湾で着底していたアイダホが完全喪失した。

 

日本軍が、ベンガル湾インドネシア、日本列島、マリアナ諸島、南太平洋、マーシャル諸島ハワイ諸島中部太平洋を制圧した。(16POC)

連合軍がインド洋、珊瑚海、アメリ委任統治領、北太平洋を制圧した。(5POC)

 

これまでの合計で日本軍の29POCになった。

 

■勝利条件の確認

連合軍が真珠湾を失い、英軍も全滅したので日本軍と講和した。

 

■感想

久しぶりにプレイしたがやはりこのゲームはエキサイティングで面白い。

今回、日本軍は、損害をかえりみず、ひたすらハワイを目指して前進して攻撃した。

 

私がかつて何度もプレイして、日本軍がこのゲームで勝つための作戦だ。

 

山本五十六元帥は、アメリカと戦うためには、アメリカ軍が嫌がる所に機動部隊を送り込み、損害を与える今回のような戦い方を望んでいたのではないだろうか。

 

実際には貧弱な燃料事情や油槽船事情により、当時の日本軍はこんなに自由に艦体を動かせなかったのだが・・・。

 

このゲームは、シミュレーション性には疑問点があるが、シンプルでエキサイティングな展開になる傑作古典ゲームだ。