Haruichibanのウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開した出戻りヘッポコウォーゲーマーのノート。

ノルマンディー上陸作戦80周年! コマンドマガジン第46号『D-DAY』バトル・レポート(AAR)その2


f:id:Haruichiban0707:20240413133537j:image

6月6日は、やはり、ノルマンディー上陸作戦だろう。

2024年はちょうどノルマンディー上陸作戦から80年だ!

ということで、コマンドマガジン第46号『D-DAY』をプレイしてのバトル・レポート(AAR)だ。

 

【1】初期配置


f:id:Haruichiban0707:20240413133756j:image

 

【2】第1ターン(1944/06/06-06/09)

米軍4個歩兵師団、英軍4個歩兵師団+1個機甲師団が上陸開始。第1ターンは航空支援と艦砲射撃が十分あるので、よく考えて配置しないといけない。このゲームの重要な研究テーマの一つだ。独軍第243国民擲弾兵師団はシェルブール(0203)に入城し籠城の構えだ。

ドイツ軍第711国民擲弾兵師団はメルヴィル(1007)へ移動する。



f:id:Haruichiban0707:20240413135454j:image

ユタ(0406)で米軍第4歩兵師団の攻撃でドイツ軍陣地が破壊された。

オマハ(0606)で米軍第1歩兵師団の攻撃でドイツ軍陣地が一蹴され、第352国民擲弾兵師団が0607へ退却した。

ゴールド(0707)で英軍第43歩兵師団の攻撃でドイツ軍陣地が吹き飛んだ。

ジュノー(0807)で英軍第3カナダ歩兵師団の攻撃でドイツ軍陣地が全壊した。

スウォード(0908)で英軍第53歩兵師団の攻撃でドイツ軍陣地が崩壊した。

 


f:id:Haruichiban0707:20240413140817j:image

連合軍は5個の海岸に橋頭堡を無事に築けた。

英軍第7機甲師団が0808へ進撃しカーン(0909)を包囲しようとする。


f:id:Haruichiban0707:20240413141158j:image

 

 

 

 

 

【2】第2ターン(1944/06/10-06/16)

0808で英軍第7機甲師団の攻撃でドイツ軍第716国民擲弾兵師団が0809へ退却した。


f:id:Haruichiban0707:20240413142321j:image

 

ヴァローニュ(0306)でドイツ軍第709国民擲弾兵師団が壊滅した!

カランタン(0407)でドイツ軍第91国民擲弾兵師団がステップロスして0408へ退却した。

米軍第4歩兵師団がドイツ軍の反撃でステップロスした。

0606でドイツ軍第352国民擲弾兵師団が全滅した。しかし米軍第2歩兵師団がステップロスしてオマハ(0606)に退却した。

バイユー(0708)でドイツ軍陣地が破壊された。

カーン(0909)に英軍第11機甲師団、第59歩兵師団、第3カナダ歩兵師団が突入した。迎え撃つのはドイツ軍第21装甲師団だ。激しい攻撃でドイツ軍第21装甲師団が全滅した。第21装甲師団は燃料不足、弾薬不足で適切な反撃ができず全滅した。

 

ドイツ軍の増援が続々と登場してきた。

 

米軍はシェルブール(0203)に向けて前進する。サン・ロー(0509)を占領した。

英軍はヴィレル・ボカージュ(0710)に突進し、1009のドイツ軍第2装甲師団に第7、第11機甲師団が突撃する。

 

ドイツ軍が0408で米軍第1歩兵師団に反撃を試み、ステップロスさせた。


f:id:Haruichiban0707:20240413144112j:image

 


f:id:Haruichiban0707:20240413144245j:image

英軍第7、第11機甲師団がドイツ軍第2装甲師団に激しい攻撃をしかけて、ドイツ軍は1010へたまらず退却した。

 

ドイツ軍はヴィレル・ボカージュ(0710)で反撃したが、高地で都市なので英軍に損害が出なかった。

 

 

 

【3】第3ターン(1944/06/17-06/23)

連合軍はメルヴィル(1007)、シェルブール(0203)、ヴィレル・ボカージュ(0710)攻略に向けて前進する。

 


f:id:Haruichiban0707:20240413145239j:image

メルヴィル(1007)でドイツ軍第711国民擲弾兵師団がステップロスして1108へ退却した。

1010でドイツ軍第2装甲師団が全滅した。英軍も無傷ではいられず第7機甲師団がステップロスして1009へ退却した。

0910でドイツ軍第353国民擲弾兵師団が全滅した。

ヴィレル・ボカージュ(0710)でドイツ軍第12SS装甲師団がステップロスした。ドイツ軍第12SS装甲師団と装甲教導師団の反撃で英軍第1ポーランド機甲師団と第49歩兵師団がステップロスした。

クタンス(0208)でドイツ軍第91国民擲弾兵師団がステップロスして0209へ退却した。

シェルブール(0203)でドイツ軍守備隊が2ステップロスした。

 

シェルブール(0203)でドイツ軍第353国民擲弾兵師団が全滅した。

ヴィレル・ボカージュ(0710)の英軍第1ポーランド機甲師団と第49歩兵師団はそれぞれ0609、0809へ退却した。


f:id:Haruichiban0707:20240413150625j:image

ファレーズ(0912)でドイツ軍IIF高射砲連隊が壊滅した。

シェルブール(0203)でシェルブール守備隊が全滅した。米軍がシェルブール(0203)を占領した。史実では6/27なので1ターン早かった。


f:id:Haruichiban0707:20240413151050j:image

 

 

【4】第4ターン(1944/06/24-06/30)

1108でドイツ軍第711国民擲弾兵師団が全滅した。英軍も第53歩兵師団がステップロスした。

0209でドイツ軍第91国民擲弾兵師団が全滅した。米軍第2歩兵師団がステップロスした。

英軍第11機甲師団、第4カナダ機甲師団、第3カナダ歩兵師団、第59歩兵師団が地図盤南端から地図盤外へ突破に成功した。


f:id:Haruichiban0707:20240413153056j:image

[12-1](2)より、連合軍のサドンデス勝利だ!!

 

【5】勝利条件の確認

[12-1](2)によると、「連合軍は、シェルブールを占領し、かつ地図盤のS(南)、W(西)の表示がある道路ヘクスから、4ユニット以上を盤外に出した場合に戦略的勝利を得ます。」とあるので、サドンデスで連合軍の戦略的勝利だ。

 

【6】両軍の残存戦力と損害

ドイツ軍の残存戦力だ。

わずか9ユニット攻撃力23ー防御力26だ。
f:id:Haruichiban0707:20240413152458j:image

 

壊滅したのが下の写真だ。

17ユニットで攻撃力22ー防御力30だ。
f:id:Haruichiban0707:20240413152510j:image

 

連合軍で壊滅したユニットは0だ。

残存ユニットは以下のとおりだ。

 

米軍が10ユニットで攻撃力27ー防御力20だ。

英軍が12ユニットで攻撃力35ー防御力28だ。
f:id:Haruichiban0707:20240413153005j:image

 

ドイツ軍は参戦ユニット26で、攻撃力45ー防御力56だ。

壊滅したのが17ユニットで攻撃力22ー防御力30なので、

損耗率は、ユニット数で65%。攻撃力で49%ー防御力で54%だ。

 

連合軍は参戦ユニット22で、攻撃力62ー防御力48だ。

その他に艦砲射撃や航空支援があるから攻撃力はもっと多かった。

 

米軍が10ユニットで攻撃力27ー防御力20だ。

英軍が12ユニットで攻撃力35ー防御力28だ。

 

 

【7】感想

 

連合軍は上陸直後、橋頭堡を確保できたのが大きな勝因だった。確実に勝利を得られるよう、艦砲射撃や航空支援を過剰なほど集中したからだ。

 

またカーン(0909)をあっさり占領したことで勝敗が決定した。

カーン(0909)から地図盤南端まで守りにてきしたの0910の森林とファレーズ(0912)しかないからだ。今回は、それらを守るドイツ軍兵力が既に枯渇していた。

 

カーンの重要性がよくわかる。

 

ドイツ軍の反撃は、ヴィレル・ボカージュ(0710)でうまく行った。あと一歩でユニットを除去するところだった。しかしヴィレル・ボカージュ(0710)にこだわっているうちに地図盤南端への突破を許してしまったから、連合軍がドイツ軍をうまくヴィレル・ボカージュ(0710)に拘束した、と言った方がいいかもしれない。

 

このゲームは小さなマップで少ないユニット数でルールも簡単で面白い。

またプレイしてみたい。