Haruichiban0707のウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開したウォーゲーマーのノート。

GJ083『ノルマンディ強襲』(Storm Over Normandy)バトル・レポート(AAR)第2弾その1

f:id:Haruichiban0707:20220605095534j:image

ゲームジャーナル誌第83号の付録ゲーム『ノルマンディ強襲』(Storm Over Normandy)はエリアとカードを使ったプレイしやすく、エキサイティングな展開が楽しめる好ゲームだ。アメリカ軍の戦域はボカージュで防御力が強いし、英軍の戦域には虎の子のドイツ軍装甲師団が待ち構えており、どこにどんな戦力を向けるか、当時の指揮官の悩みを追体験できる。

前回、ノルマンディー上陸作戦からちょうど78年だった6月6日のバトル・レポート(AAR)はこちら。前回、途中経過の写真を撮らなかったので今回は写真を撮りながらプレイしてみた。

haruichiban0707.hatenablog.com

 

初期配置
独軍の拠点は2-9 2個が配置されなかった。

連合軍は各海岸に支援ポイントを割り振るが、どのくらいがいいのか迷う。

仮に2割り振るとダイスの出目の平均が7だから、2+7=9。防御力9の拠点は無傷だが7の拠点なら壊滅できる。

 

Swordは4、Junoは4、Goldは4に均等にした。

Omaha-1は4、Omaha-2も4、Utahも4に均等にした。
f:id:Haruichiban0707:20220605120323j:image

Swordでは出目が7で支援ポイントと合わせて11。11-(8+防御ポイント1)=2で0-7拠点ユニット2個が吹っ飛んだ!

Junoでは出目9支援ポイント4で13。13-(9+1)=3

1-8,0-7拠点が吹っ飛んだ!

Goldでは出目10支援ポイント4で14。14-(9+1)=4。1-8拠点ユニット2個が壊滅した。


f:id:Haruichiban0707:20220605120827j:image

Omaha-1では出目9支援ポイント4で13。13-(9+2)=2。0-7拠点ユニット2個壊滅。

Omaha-2では出目9+支援ポイント4=13。13-(9+2)=2。1-8拠点ユニット1個壊滅。

Utahでは出目6+支援ポイント4=10。10-(9+2)=-1。効果なし


f:id:Haruichiban0707:20220605121138j:image

 

連合軍の上陸開始。

独軍拠点ユニットの反撃

Swordは出目8+1=9で効果なし

Junoは出目3+2=5。効果なし

Goldは出目5+2=7効果なし


f:id:Haruichiban0707:20220605121449j:image

Omaha-1は出目4+1=5

5-9=-4効果なし

Omaha-2は出目10+2=12

12-9=3

1個連隊行動済みになって退却。


f:id:Haruichiban0707:20220605121723j:image

Utahは出目4+5=9

9-9=0効果なし


f:id:Haruichiban0707:20220605121812j:image

連合軍の攻撃

Swordでは出目4+3=7

同一師団ボーナスで8

8-(8+1)=-1効果なし

Junoは出目6+6=12

同一師団ボーナスで13

13-(9+1)=3

2-9拠点壊滅

Goldは出目10+7=17

同一師団ボーナスで18

18-(9+1)=8

2-9拠点壊滅。

Gold占領。

f:id:Haruichiban0707:20220605122218j:image

Omaha-1では出目8+3=11

同一師団ボーナスで12

12-(8+1)=3

1-8拠点ユニット壊滅

Omaha-1米軍占領。

Omaha-2では出目7+2=9

9-(9+2)=-2効果なし

f:id:Haruichiban0707:20220605122418j:image

Utahでは出目7+3=10

同一師団ボーナスで11

11-(9+2)=0

効果なし


f:id:Haruichiban0707:20220605122516j:image

独軍3枚、連合軍4枚カードを引いた。

 

第1ターン特別侵攻フェイズ終了。

この後、第1ターンの通常の手順に入る。

つづく