Haruichibanのウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開した出戻りヘッポコウォーゲーマーのノート。

9_1940.05.13

連合軍の防衛線が南北で手をつないだ! GMT『France'40』「Sickle Cut」バトル・レポート(AAR)

GMT『France'40』「Sickle Cut」シナリオをソロプレイしてみた。 【0】初期配置 【1】第1ターン(1940/05/13) 【2】第2ターン(1940/05/14) 【3】第3ターン(1940/05/15) 【4】第4ターン(1940/05/16) 【5】第5ターン(1940/05/17) 【6】第6ターン(1940/05/18) 【…

ドイツ軍の補給線危うし!! GMT『France'40』「Sickle Cut」バトル・レポート(AAR)

前回、いろいろとルール適用ミスが多かったので再チャレンジする。 【0】初期配置 【1】第1ターン(1940/05/13) 【2】第2ターン(1940/05/14) 【3】第3ターン(1940/05/15) 【4】第4ターン(1940/05/16) 【5】第5ターン(1940/05/17) 【6】第6ターン(1940/05/18) …

ルール適用ミスが多かったが面白い!! GMT『France'40』「Sickle Cut」バトル・レポート(AAR)

ウォーゲームを復活させてから、最近の作戦級ゲームの代表的なデザイナーがマーク・シモニッチ(Mark Simonitch)氏であることがわかった。 ZOCボンドや断固たる防御など興味深いルールを作った人で評価が高いようだ。 そこで、彼がデザインしたウォーゲームに…

GMT『France'40』「Sickle Cut」ルール確認

ウォーゲームを復活させてから、最近の作戦級ゲームの代表的なデザイナーがマーク・シモニッチ(Mark Simonitch)氏であることがわかった。 ZOCボンドや断固たる防御など興味深いルールを作った人で評価が高いようだ。 そこで、彼がデザインしたウォーゲームに…

あのロンメルが!まさかの展開に AH『電撃ドイツ戦車隊』(Crescendo of Doom)シナリオ27「ディナン橋頭堡」(The Dinant Bridgehead)バトル・レポート(AAR)

AH『電撃ドイツ戦車隊』(Crescendo of Doom)シナリオ27「ディナン橋頭堡」(The Dinant Bridgehead)をプレイしてみた。 このシナリオはドイツ軍によるアルデンヌ突破しミューズ川を渡河する場面だ。第7歩兵連隊のオートバイ捜索大隊が先行して渡河しているが…