Haruichibanのウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開した出戻りヘッポコウォーゲーマーのノート。

3_規模:合戦級

「神の君、会心の戦でございました」 LF『長久手の戦い』バトル・レポート(AAR)

同人会 ルーデンス・ファベル(Ludens-faber)さんの戦国フォリオシリーズ③『長久手の戦い』をルールも明確になったので、ソロ・プレイしてみた。 なお、長久手の戦いは天正12年4月9日に戦われたが、こちらの『和暦から西暦変換(年月日)』サイトによると、現…

羽柴軍の完勝!! LF『賤ヶ岳の戦い』バトル・レポート(AAR)

同人会 ルーデンス・ファベル(Ludens-faber)さんの戦国フォリオシリーズ②『賤ヶ岳の戦い』をルールも明確になったので、ソロ・プレイしてみた。 なお、賤ヶ岳の戦いは天正11年4月21日に戦われたが、こちらの『和暦から西暦変換(年月日)』サイトによると、…

明智軍が防御に徹してみた LF『山崎の戦い』バトル・レポート(AAR)第2弾

同人会 ルーデンス・ファベル(Ludens-faber)さんの戦国フォリオシリーズ①『山崎の戦い』をルールも明確になったので、再度、ソロ・プレイしてみた。 なお、山崎の戦いは天正10年6月13日に戦われたが、こちらの『和暦から西暦変換(年月日)』サイトによると…

LF『山崎の戦い』戦国フォリオシリーズ共通ルール明確化

同人会 ルーデンス・ファベル(Ludens-faber)さんの戦国フォリオシリーズ①『山崎の戦い』をソロ・プレイした。 haruichiban0707.hatenablog.com その時に気づいた不明確だったルールを、同人会 ルーデンス・ファベル(Ludens-faber)さんに質問した。質問のベー…

LF『山崎の戦い』バトル・レポート(AAR)

同人会 ルーデンス・ファベル(Ludens-faber)さんの戦国フォリオシリーズ①『山崎の戦い』をソロ・プレイしてみた。 なお、山崎の戦いは天正10年6月13日に戦われたが、こちらの『和暦から西暦変換(年月日)』サイトによると、現在の西暦に直すと、1582年7月2…

TAC新001『光秀戦記』(黒井城撤退戦)バトル・レポート(AAR)第4弾

復活『タクテクス』(TACTICS)第1号の付録ゲーム『光秀戦記』(黒井城撤退戦)は、過去3回プレイしてみたが、いずれも丹波軍の完勝だった。今回こそは、明智軍が最善の組織的撤退を試みたい。 初期配置 第1ターン 丹波軍プレイヤーターン 明智軍隠岐惟恒討ち死…

TAC新001『光秀戦記』(山崎決戦)(黒井城撤退戦)戦闘結果表研究

復活『タクテクス』(TACTICS)第1号の付録ゲームに『山崎決戦』と『黒井城撤退戦』がある。この2ゲームでは共通の戦闘結果表を使っている。 サイコロ2個を振るので、戦闘結果が幅広い。 戦闘結果表を計算しグラフ化してみたのが下図である。 略号の意味は次の…

TAC新001『光秀戦記』(山崎決戦)シナリオ1 バトル・レポート(AAR)

復活『タクテクス』(TACTICS)第1号には3個のゲームが含まれているが、そのうちの一つ『山崎決戦』のシナリオ1をソロ・プレイしてみた。 初期配置 配置場所を探すのに困った。 次回のために、マップ上とユニット上に印をつけた。 第1ターン 第2ターン 羽柴秀…

EKJ『桶狭間戦棋』バトル・レポート(AAR)第4弾

英雄開発事業団の『桶狭間戦棋』のバトル・レポート(AAR)第4弾。 今回は、今川軍配置後、織田軍の再配置をしてみた。 だが、結果は意外なことになってしまった。 初期配置 今川軍が全軍先鋒にしたのに対して織田軍が再配置した。 中島砦、丸根砦を繋ぐ戦線を…

英雄開発事業団『桶狭間戦棋』ユニット研究

英雄開発事業団の『桶狭間戦棋』の登場ユニット数と戦闘力をターン別にまとめてみた。 今川軍は先鋒を最小にした場合と通説どおりと先鋒にできる全戦力を先鋒にした場合の3パターンである。 先鋒にできる全戦力を先鋒にした場合、全ターンに渡って今川軍が織…

英雄開発事業団『桶狭間戦棋』バトルレポート(AAR)第三弾

初期配置 今川軍は先鋒隊にできる部隊を、全部先鋒隊にしてみた。 第1ターン(4:00)好天 織田軍行動フェイズ なし 今川軍行動フェイズ 井伊直盛、松平元康が正光寺砦(0911)を攻撃。戦力比5:1ダイス6 佐々正次討ち死に。正光寺砦陥落 松平家広が丸根砦(1010)を…

英雄開発事業団『桶狭間戦棋』バトルレポート(AAR)第2弾

初期配置 今回は選択ルール「悪天候」を入れてみた。 個人的にはもっと先鋒隊を増やしたいところだが、今回も先鋒隊は史実通りとした。 第1ターン(4:00)好天 織田軍行動フェイズ スタックできないし、砦から出ると防御力落ちるので移動や戦闘なし 今川軍行動…

英雄開発事業団『桶狭間戦棋』バトルレポート(AAR)

英雄開発事業団の『桶狭間戦棋』が届いたのでソロ・プレイしてみた。 bodoge.hoobby.net ゲーム概要はこちら https://haruichiban0707.hatenablog.com/entry/2022/02/18/190000 初期配置 図1:初期配置 こうして見ると、今川義元の作戦目的は上洛のためでは…

英雄開発事業団『桶狭間戦棋』の紹介

英雄開発事業団の『桶狭間戦棋』をボドゲーマから購入した。 デザイナーは九条まさはる氏だ。 添付されているデザイナーズノートがとてもいい!! 先人の研究を踏まえ、ご自身の考えをまとめていて、とても説得力があっていい内容だと思う。 九条まさはる氏…

『長篠・設楽原合戦』をなるべく史実通りに並べてみた

織田信長、徳川家康、武田勝頼は、史実ではどう兵を動かし、どんなカードを切ったのか、国際通信社のウォー・ゲーム日本史第7号『長篠・設楽原合戦』のルールとマップ上でなるべく再現してみた。 初期配置 史実ならこの時点で徳川家康は黄金原に着陣してない…

『長篠・設楽原合戦』ユニット研究

国際通信社のウォー・ゲーム日本史第7号『長篠・設楽原合戦』は短時間で手軽に楽しめるゲームだ。 そのユニットについて研究してみた。 【1】武田軍 武田軍15ユニットは、以下のとおり。 鉄砲隊は1ユニット。武田勝頼と鉄砲隊以外はステップロス前戦力2だ。…

『長篠・設楽原合戦』作戦研究

国際通信社のウォー・ゲーム日本史第7号『長篠・設楽原合戦』は短時間に手軽にできるゲームだ。 【1】移動に関する分析 移動制限がかなりあるのでなかなか作戦を立てにくい。 まず、各エリアに名前がついていないので、名前をつけた。 日本史ものらしく、い…

『長篠・設楽原合戦』バトル・レポート(AAR)第2弾

【更新履歴】 2021/12/01 ルール10.1 二個目の・のルール見落としとのご指摘を受けて赤文字で記載追記 国際通信社のウォー・ゲーム日本史第7号『長篠・設楽原合戦』は、ルールが簡単で短時間でプレイできて面白いゲームなので2回目のバトル・レポートをお送…

『長篠・設楽原合戦』バトル・レポート(AAR)

【更新履歴】 2021/12/01 ルール10.1 二個目の・のルール見落としとのご指摘を受けて赤文字で記載追記 教科書にも載っている有名な戦いの長篠の戦いをシミュレートした国際通信社のウォー・ゲーム日本史第7号『長篠・設楽原合戦』のバトル・レポート(AAR)。 …

長篠合戦ヒストリカル・ノート

教科書にも載っている有名な長篠・設楽原合戦のヒストリカル・ノート。国際通信社の『ウォー・ゲーム日本史第7号 長篠・設楽原合戦』の地図やユニットを使ってまとめてみた。 1575(天正3)年5月8日(1575年6月15日) 武田勝頼軍15,000人が、奥平貞昌が500人で守…

『長篠・設楽原合戦』(国際通信社) 季刊ウォーゲーム日本史第7号(2010/10/01)

日本史もののシミュレーション・ゲームは昔エポック社の『関ヶ原』をずいぶんプレイしていた。それ以外は全くやっていなかったが、今回、季刊ウォーゲーム日本史第7号『長篠・設楽原合戦』(国際通信社)を入手した。 国際通信社 ウォーゲーム日本史第7号『長…