Haruichiban0707のウォーゲームのおと

80年代にシミュレーションゲームにはまったが長い冬眠に入り、コロナ禍やライフイベントの変化により、再開した出戻りヘッポコウォーゲーマーのノート。

ミニシナリオだがとても面白い AH『戦闘指揮官』(Squad Leader)OAF20.2 Fear in the Fogバトル・レポート(AAR)


f:id:Haruichiban0707:20221012000629j:image

シナリオOAF20.2 Fear in the Fogをプレイしてみた。

 

1944/09/16

メッツ、St. Privat-メッツ街道沿い

濃霧の中、補給に苦しむパットン第3軍は、メッツ街道沿いを再度の攻撃を試みた。

 

勝利条件はゲーム終了時(第4ターン終了時)、アメリカ軍で戦闘可能な分隊がドイツ軍のそれより3対2以上であればアメリカ軍の勝利だ。

 

プレイエリア全体に霧がかかっていて60.4から60.5のルールを適用する。

 

目次

  1. ■初期配置
  2. ■第1ターン(1944/09/16)
  3. ■第2ターン
  4. ■第3ターン
  5. ■第4ターン(最終ターン)
  6. ■勝利条件の確認
  7. ■感想

■初期配置

 

初期配置は同時配置だ。

同じヘクスに配置してしまったらいきなり白兵戦になる。

だがそれを避けるためにアメリカ軍はL列より東に配置した。

この同時配置は面白いルールだが、アメリカ軍はKからP列。ドイツ軍はGからL列なので重なる部分がK列からL列だけだ。もっと同じヘクスになる確率を上げた配置にすればいいと思った。
f:id:Haruichiban0707:20221012001622j:image

■第1ターン(1944/09/16)

 


f:id:Haruichiban0707:20221012002011j:image

突進してきたアメリカ軍ハーフトラックM3にパンツァーファウスト2発、発射するも外れた!

J4でドイツ軍指揮官Slites、1個分隊戦闘不能。1個分隊壊滅


f:id:Haruichiban0707:20221012003054j:image

■第2ターン

 

I5でドイツ軍指揮官Slites後送、1個分隊壊滅f:id:Haruichiban0707:20221012003835j:image

K4でアメリカ軍M16破壊!!

40m(1ヘクス)の至近距離まで接近してバズーカを放ったが跳弾!!


f:id:Haruichiban0707:20221012004628j:image

80m(2ヘクス)でバズーカを放ったが跳弾


f:id:Haruichiban0707:20221012004742j:image

指揮官Hillに率いられたアメリカ軍の肉迫攻撃でドイツ軍IV号戦車撃破!!


f:id:Haruichiban0707:20221012004932j:image


f:id:Haruichiban0707:20221012005019j:image

■第3ターン

 


f:id:Haruichiban0707:20221012005255j:image

K4でアメリカ軍1個分隊壊滅

I5でドイツ軍1個分隊脱出不能のため壊滅

I5でドイツ軍指揮官Hamblem戦死


f:id:Haruichiban0707:20221012010058j:image

■第4ターン(最終ターン)

 

ドイツ軍の残存分隊9個分隊

アメリカ軍の残存分隊は15個分隊

 

このままだとアメリカ軍の勝利だ。

 

I5でアメリカ軍Hillと2個分隊戦闘不能

H5でドイツ軍2個分隊戦闘不能

H5でドイツ軍2個分隊脱出不能のため壊滅


f:id:Haruichiban0707:20221012010812j:image

アメリカ軍指揮官Hill戦死、1個分隊壊滅

 

ドイツ軍の残存分隊9個分隊

アメリカ軍の残存分隊は13個分隊

 

アメリカ軍はなんとかあと1個分隊ドイツ軍を戦闘不能か壊滅させる必要がある。

 

H2でドイツ軍1個分隊戦闘不能

I5でアメリカ軍1個分隊壊滅、1個分隊戦闘不能

J0でドイツ軍2個分隊壊滅、指揮官Uhl戦死

H2でドイツ軍1個分隊脱出不能のため壊滅

 


f:id:Haruichiban0707:20221012011622j:image

■s勝利条件の確認

 

ドイツ軍残存分隊6個分隊

アメリカ軍残存分隊12個分隊

 

アメリカ軍の勝利!!

 

■感想

 

このシナリオも小さなシナリオだが面白い。

AFVも出てくるし、守りに徹していると勝てないので、リスクを背負ってうってでないといけないタイミングがある。

それがどのタイミングか悩ましい。